徳島で高気密・高断熱の注文住宅を建てるならMY NO.1 HOMEにお任せ!【気密編】

温暖な気候の徳島でも高気密・高断熱な家を建てようと思う方が増えてきましたね。
快適な暮らしを選択しようという素晴らしいことです。
断熱性については国も基準を設け、2021年4月からは省エネ性能の説明義務化の動きもあり、いよいよ高気密・高断熱な家が求められる時代に突入といった感じです。
しかし、断熱性に基準があるのに実は、気密性の基準がないのです。
なぜでしょうか?今回はその気密性の大切さについてお話をしていきます。

気密性はC値という値で表される

そもそも気密性とは何か?
簡単に言うと『どれだけ隙間のない家か』ということを数値化したものが気密性、C値というものです。
この値は数値が小さいほど隙間が少なく、気密性が良いということを表しています。
家は風通しが良い方がいいんじゃないか?という方もいらっしゃると思いますが、隙間のある家は暖まりにくいし、底冷えします。
さらに花粉やPM2.5などの有害な化学物質が入り込んでいる可能性もあります。
他にも計画的に換気するためなど、家や住む人にとって気密性が高い家の方が良いという理由はたくさんあります。
*MY NO.1 HOMEの気密性の実績はこちらをクリック

国が考える高気密な家が必要な理由

国土交通省の外郭団体であるIBECから出版されている「住宅の改正省エネルギー基準の解説」によると気密性が必要な理由は以下の4つです。
①漏気負荷を減らし、省エネルギー化と室内温度環境の快適性向上を図る
②壁体通気を抑制し、断熱性能の低下を防止する
③壁体内結露を防止する
④計画換気の性能保持
といったところです。

気密性が必要な理由①「隙間を少なくし、省エネルギーかつ部屋の温度を快適にする」

気密性が低いと夏は蒸し暑く。冬は寒くて不快な家になります。
冬は暖房をつけても暖かい空気が屋根から漏れ出し、漏れた分だけ床下から冷たい空気が入ってきます。
そうすると足元が冷えて不快に感じます。
夏は外部から熱と湿気が入ってきますので、エアコンをガンガン回して生活する必要があります。
当然、電気代もかさみますので光熱費の増加は避けられません。
暮らす人の快適性と省エネ性を考えると隙間を少なくするということは必要になってきます。

気密性が必要な理由②「断熱性能の低下を防止する」

グラスウールやロックウールなどの断熱材は綿のような形状をしています。そのため隙間があるとそこから風が入り込んでしまいます。
洋服で例えると断熱材は暖かいセーターの役割を果たし、気密は風を遮るウインドブレーカーの役割を果たしています。
真冬の凍えるような寒さの中で、その寒さに耐えるには分厚いセーターを着てその上からウインドブレーカーを着込む必要があるように断熱性をを真に発揮しようと思えば、気密性能の向上は欠かせないものなのです。

気密が必要な理由③「壁の中で結露が起こってびしょびしょになるのを防ぐ」

冬は乾燥した外気に比べて家の中は湿気が大量に発生しています。そのため壁や床に隙間があると隙間から湿気が壁の中や床下に流れ込んでしまい、壁の中が結露したり、カビを発生させ、柱を腐らせてしまう可能性があります。
ですから、隙間は限りなく少なくしましょう。

気密が必要な理由④「きちんと計画的に換気をし、嫌な臭いがするのを防ぐ」

人が生活していると水蒸気や二酸化炭素の他、におい成分など様々な汚染物質が発生してしまいます。
これらの汚染物質を速やかに除去するために計画的な換気は必要不可欠です。
昔の家は常に窓を開けているような状態でしたので、換気の重要性はあまり考えられていませんでした。
最近の家づくりでは、隙間の多いところと少ないところが混在しているような建て方になっています。
ですので、隙間の少ないところは換気できていますが、隙間の多いところは換気ができていないという状態になっています。
汚染物質が溜まったままにならないように24時間換気できちんと換気をするには家の隙間を極力少なくすることをおすすめしています。

計画的に換気をする重要性がわかる動画はこちらをクリック

まとめ

気密性の高さは国が定める理由以外にもありますが、最低限計画的に家の換気を行い、家を長持ちさせて、快適に暮らせるものにしたいですよね。
ちなみにこの気密性(C値)は設計段階で考えるものではなく、実際に現場で測定をするものです。
この気密測定をしているか、していないかだけでも家づくりに対するそれぞれの会社の姿勢が表れると思っています。
気密測定のC値の値は現場の通信簿と言っても良いのではないでしょうか?
隙間を埋める作業をして、気密測定をする。ひと手間掛かる作業ですが、良い家づくりをするには必須の条件だと思います。
徳島でもこの気密測定を始めている注文住宅の会社は増えてきています。
しかし、まだまだ少ないと私は思います。
コロナウイルスの問題で換気の必要性が見直されている今だからこそ、計画的に換気をするには気密性の高い住宅を建てることが重要です。徳島の気候に合った高気密・高断熱な注文住宅を建てるなら最低限、気密測定をしているかどうかぐらいは確認しましょう。
では、また次回!

Tel.088-624-9500受付時間/09:00 - 18:00
特別優秀企業賞2017
特別優秀企業賞2018
特別優秀企業賞2019