徳島で高気密・高断熱住宅を建てるならMY NO.1 HOMEにお任せ!

MY NO.1 HOMEのブログをご覧の皆さん、こんにちは!
MY NO.1 HOMEの中田と申します。
新卒で徳島のこの業界に身を置いてからもうすぐ23年になります。

このブログは、これから徳島で新築住宅を建てたいと思っている方に是非、見て頂き、家づくりの指針づくりに役立てて欲しいと思っています。

なぜ高気密・高断熱住宅なのか!?

皆さんが家を建てる時に一番悩むのが、どんな家づくりが一番正しいのかということではないでしょうか?
モデルハウスや見学会を回っても色んな建て方があるし、価格も大きく違う。
今の世の中にはたくさんの家づくりの情報が溢れています。
そこから自分にあった家づくりを探すには相当な時間と労力を要することになると思います。
しかし、今の家づくりは大きく分けると”ローコスト住宅”と”高性能住宅”というように分けられます。
まずは、この2通りで自分たちの家づくりの重心をどちらに置くのかを検討することをおすすめします。

ちなみに私自身、23年間で多くの家づくりを手掛けてきましたが、せっかく注文住宅を建てるなら

”高気密・高断熱”

の高性能住宅を建てることをおすすめします。

なぜなら、日本での住宅内での死亡事故は、今や交通事故で亡くなる方の数を大きく上回っているからです。
2017年度の交通事故による死亡者数は3,694人(内閣府「道路交通事故の動向」)。対して、家庭内事故による死亡者数は1万4,671人(厚生労働省「平成29年人口動態調査」)。
交通事故による死亡者数の3.9倍に当たります。
そのうち40.5%が溺死によるものと言われていて、その中でも”ヒートショック”が原因となっているものが
非常に多くなっています。

ちなみにヒートショックとは、急激な温度変化で身体がダメージを受けることです。
日本の家でありがちなのが、エアコンの効いている部屋では快適な温度ですが、ひとたびその部屋から
出ると暑い寒いの急激な温度変化があるということです。
実はこの温度変化が身体にとってはものすごくリスクがあるんです。

そのリスクを少しでも解消するために

”高気密・高断熱”

の住宅をおすすめしています。

家を買う時は若いかも知れませんが人間は必ず歳を取ります。
20年後、30年後のことも考えて家づくりをすることが大切ですよね。

 

MY NO.1 HOMEの家づくり

MY NO.1 HOMEの注文住宅はLIXILのスーパーウォール工法を採用した高気密・高断熱で高耐震な家づくりを標準としています。
*スーパーウォール工法はこちらをクリック

全棟、長期優良住宅(特段の指定が無い場合)の認定を取得し、耐震性能は耐震等級3。(警察署や消防署と同じ基準)
断熱性能は最低基準がHEAT20のG1グレード(UA値0.56以下)としています。
こちらの性能値は徳島の断熱基準から考えると東北地方並みの断熱レベルということです。

これまでの実績はこちらから

『安心・安全・快適』家づくりは、まずこのハード面の基本スペックを決めることが重要です。
その上でデザインや使いやすさを考えていきしょう!
もちろん、間取りは自由設計ですので、皆さんのライフスタイルに合わせたものをご提案させて頂きます。

そして
心地よく、カッコ良くこれが私たちの家(カタチ)
を一緒に見つけていきましょう!

一人の担当者が最初から最後までお手伝いしますので、一緒に創り上げたという喜びは一入(ひとしお)です。

 

家づくりの最初の一歩

まずは、ホームページをご覧頂いたり、見学会などのイベントに参加してみてください。
そうすれば、どんな感じの家づくりをしているかが見えてきます。
そして、気になったところの資料請求を
*資料請求はこちらをクリック

その次に家づくり教室や資金計画セミナー、ライフプランなどの勉強会にご参加ください。
*セミナーなそは随時開催しています。
MY NO.1 HOMEの家づくりに対する思いや考え方が分かり、住宅ローンや自分の人生に掛かるお金の
知識を身につけておきましょう。土地からご購入の方には、土地の探し方セミナーにご参加頂くと
どうやって自分の理想の土地を探すかが理解できます。

こうした勉強会にご参加頂くことで安心して家づくりを進められると思います。
全て無料のセミナーですので、お気軽にご参加してください。

Tel.088-624-9500受付時間/09:00 - 18:00
特別優秀企業賞2017
特別優秀企業賞2018
特別優秀企業賞2019
特別優秀企業賞2017
特別優秀企業賞2018
特別優秀企業賞2019