家づくりで可能な地震に対する準備

どうも!皆さん、MY NO.1 HOMEの中田です。

これまで『地震に備える家づくり』『こんな準備があれば良かった』についてお話をしてきました。今回は、家づくりの中で地震が起こった時に『あって良かった』と思ってもらえるようなご提案をしていきます。

  • 非常用持ち出し袋の置き場

前回のお話でご紹介した非常用持ち出し袋。非常時だからこそ、忘れないように持って行ける場所にしたいですよね。

皆さんならどこに置いておきますか?

あるアンケートによると一番多かったのは圧倒的多数で玄関だそうです。(ちなみに2番目はキッチン)理由としては、避難する時に必ず通る場所だから、避難した後に取りに来るにも取り出し易い場所だからだそうです。

確かにそうですね。

玄関に置いておけば、出るときに持ち出しやすく、外からも取りに行き易い気がしますね。ちなみに非常用持ち出し袋の置き場として適さない場所は、リビングや2階の寝室です。物が多く探すのに時間が掛かってしまうと避難が遅れてしまいますからね。玄関収納などの場所を取ってしまいますが、いざと言う時のために場所の確保をしておきましょう。

その場所を確保し易いように私たちは玄関にシューズクロークを提案することが多くなっています。シューズクロークとは、靴だけではなく、コートを掛けたり、ベビーカーを置いたりできるような、人も入ることができるほどの収納スペースです。通常の下駄箱から考えると2倍から3倍の収納量になっているので、普段の生活でも片付けがし易くなるし、非常時持ち出し袋を置くスペースも確保できるので一石二鳥です。間取りに余裕があるなら検討しては如何でしょうか?

 

  • 非常時こそ太陽光発電システム

最近はゼロエネルギー住宅を建てる方が増えているので太陽光発電もよく見かけるようになりましたね。エネルギー量や光熱費の削減に役立っている太陽光発電ですが、私たちは災害時の利用についてもお話をして太陽光発電をおすすめしています。災害時はライフラインが寸断されて電気やガス、水道などの使用が出来なくなります。

そんな時に活躍するのが太陽光発電システムです。

と言っても発電した電気がそのまま使えるという訳ではありません。太陽光発電システムには非常時の電源というものが付いています。

その電源で電化製品を使うことができるのです。

例えば、冬場に災害が起こった場合、建物が住める状態にあっても電力が回復していなければ暖房もできず、寒さを凌ぐために避難所に行くことになります。避難所では、見ず知らずの人と共同生活をすることになるので非常にストレスが溜まります。しかし、太陽光発電で昼間に電気が使えて暖房を使うことができれば、性能の良い住宅なら家で過ごすことが可能になってきます。

そうなれば、プライバシーが保てる生活を送ることができるようになります。太陽光発電やゼロエネルギーハウス(高性能な保温性のある家)をおすすめする理由はエネルギーや光熱費の削減だけではないことを理解しておいてください。非常時にあると無いでは大きな違いです。

『太陽光発電の賢い使い方・停電・災害時の自立運転コンセントの活用』

 

  • 自然に貯めよう!雨水タンク

さて、『こんな準備があれば良かった』でも生活用水についてお話しましたその“生活用水”、大事なのはわかるけど、わざわざ貯めておくのってなかなかできないですよね。

ですので、MY NO.1 HOMEではこちらをご提案します。

雨水を受ける樋から水を貯めることができます。普段は庭木の水遣りにも使えるのでとっても経済的で便利です。ガーデニングしたり、エクステリアを自分で少しずつ作りたい方には良い商品ですね。デザインも豊富にあるので家や庭のテイストに合わせて選べます。

価格的には1万円~5万円を超えるものもあります。

デザインや価格が気になる方はこちら

大型のものになると300Lを超えるものがありますので、災害時にはあって良かったと思えるものになるかも知れませんね。

 

  • まとめ

今回ご紹介した提案の他にも色々なことが考えられると思います。予想外に起こる災害だからこそ、普段から使うもので災害時に活躍するものを家づくりの中で考えておくことをおすすめします。

『具体的にどうすればいいの?』という方、まずはご相談からまさに“備えあれば憂い無し”ですね。

 次回は、“家づくりに関するお金の話”です。住宅ローンや頭金のことなどお金にまつわるお話をします。

地震が起こる前にこんな準備があれば良かった!

どうも!MY NO.1 HOMEの中田です。

南海地震に対する徳島の家づくり、ご参考になりましたでしょうか?

南海地震に対する徳島の家づくりはコチラ

今回は、私が被災した体験を基に『地震が起こる前にこんな準備があれば良かった』と思うことをお話します。

①情報収集のための手段

今は、スマホがあるので情報収集が簡単にできますが、現状を把握することはとても大切です。

私が被災した時は、ラジオで何が起こったのかを知りましたが、状況を把握することで、とても安心ができます。

そして、地震の後も余震が続くので、その度に緊張が走ります。

だからこそ、情報収集をし、落ち着いて行動することが一番必要となります。

情報収集の手段として、スマホは非常に便利なツールですが、災害時には通信障害などが発生するため、電池式または手動式のラジオを備えておくことをおすすめします。

②避難場所の確認

当時、学生だった私は特に避難所に行くこともなく、先輩の家で共同生活をしていました。なんとワンルームアパートで7~8人です。狭かったけど一人でいるよりは安心できました。

 

しかし、水の配給などの情報が入り難い状態でした。南海地震の場合は、地震後に津波が襲ってくる可能性もあるので必ず自宅と職場の近くの避難場所を確認しておくことをおすすめします。

避難所については、徳島県の減災マップで簡単に調べられるので

事前にコチラでご確認ください。

 

寝室に厚底スリッパを置いておこう

できれば、健康サンダルぐらいの厚底スリッパが良いです。

それはなぜか!!地震が起こった時にガラスや食器が割れるケースが多いからです。

寝起きに避難しようとそのまま歩き出すのはとっても危険です。

割れたガラスや食器などが飛散しており、足を切って動けなくなって避難が遅れては大変です。

さらに、地震は何時起こるか分かりません。夜でも避難できるようにフラッシュライトを準備し、避難経路を探しましょう。

④実は重要!寝室のカーテン

地震の際に揺れが強いと建物が歪むことがあります。その場合、サッシも歪んでしまうのでその衝撃でガラスが割れてしまうことがあります。

ただ割れるだけなら良いのですが、弾けて飛んでしまうと非常に危険です。

地震で割れたガラスが部屋の壁に刺さっているということも少なくありません。

 

その対策として、寝室には厚手のカーテンを設置することをおすすめします。

建物が頑丈でもガラスでケガをしてしまって避難が遅れるということも考えられますからね。。

⑤やっぱり大事なライフラインを確保

電気・ガス・水道、いつもならスイッチを押せば、普通に使えたものが災害時には使えなくなります。

 

『当たり前でしょ。』と思われるかも知れませんが、普通が普通でなくなることに気付くのは使えなくなった瞬間です。

これは私自身が体験したからこそ伝えることができるのです。

 

地震後、復旧が一番早かったのは電気でした。私が住んでいたエリアは地震発生から2時間程度で復旧しました。

 

そして、一番困ったのは“水”でした。

飲み水やお風呂の水もそうですが、何より困ったのはトイレの水です。

それはタンクに1回分残っていた水を、何も考えずに流してしまい、2回目以降流れなくなるという失敗をしてしまったからです。

その結果、トイレの度に近くの小学校へ行かなければならないという面倒なことになってしまいました。

 

当時、浴槽に水を貯めて・・という話をよく耳にしましたが、それは飲み水ではなく

生活用の水が特に必要だったということが伺えますね。

 

更に、飲み水に関しては、小学校のグランドに寒空の下、3時間待ってやっと一人4ℓ程度の水を持ち帰るという状態になりました。

 

普通のことが普通にあるという今に感謝すると共に保存水など、準備の必要性を強く感じました。

 

 

まとめ

  • いつ起こるかわからない地震に備えておくこと(避難場所や厚底スリッパ)
  • 非常時持出袋の準備
  • 食べ物や飲み物など生活必需品を保管・確保
  • 暖や涼を取れるもの

 

私は被災生活を3日間過ごし、実家に帰りました。

たった3日間と思われるかも知れませんが、いつもはあるものが無いという状況がいかに窮屈でストレスがあるものか分かりました。

 

 

『備える』って本当に大事です。

  MY No.1 HOMEでは雨水を貯めるタンクなども提案が可能です。

  

 

備えあれば憂いなし。

 

次回は『家づくりで可能な地震に対する準備』ということでMY No.1 HOMEがご提案する地震への備えをお話していきます。

お楽しみに!!

 

なぜ求められる?地震に強い家づくり!南海地震に対する徳島の家づくりとは!

どうも!MY NO.1 HOMEの中田です。

最近、徳島でも小さいながら地震が起こっていますよね。。

私は1995年の阪神淡路大震災に被災したことがありますので、地震が起こるとその瞬間、当時を思い出して硬直してしまうことがあります。

 

そんな時に考えるのは、”我が家は大丈夫だろうか・・・。”ということです。

そこで今回は『地震に対する家づくり』と私が被災した体験をもとに

『こんな準備があれば良かった』ということをお伝えしていきます。

1.地震に対する家づくり

まず、私が被災した阪神淡路大震災は午前5時46分52秒に起きました。

当時、学生だった私は就寝中でしたが、覚えているのは突然、目の前でフラッシュが焚かれたような感覚になり、下からドンッと突き上げられる感覚が襲ってきました。

その後、地鳴りと共に横揺れが来て、一旦、揺れがおさまり、ラジオで地震と聞くまで何が起こったのか把握できないほどパニック状態でした。

幸い、新築のアパートでしたので、大事には至りませんでした。

このように地震とはいつ何時襲ってくるか分からないものです。

だからこそ、家づくりにおいて地震に対しての対策をしておいて欲しいと考えています。

 

では、家づくりにおける対策とは何か?

 

 

1)耐震性能が高い住宅にする

耐震性能の高さは耐震等級というものに置き換えられます。

上の表のように耐震等級は1~3まであり、耐震等級3が一番耐震性の高いものとされています。ちなみに現在、建築基準法によって定められているものが耐震等級1で阪神淡路大震災クラスの地震が起きても倒壊しない程度の耐震性が基準となっています。

耐震等級の解説はコチラ

これに対して耐震等級3は耐震等級1の1.5倍の耐震性を持っているものとされ、代表的な建物として、警察署や消防署といった災害時の拠点となる建物に採用されています。

皆さんだったらどの耐震性能の建物に住みたいですか?

当然、耐震等級3の建物に住みたいですよね。

私もそうです。家づくりの際には必ず耐震等級3を確保しましょう!

【ヒント】耐震等級や強度が気になる場合は調べることも可能です。既存住宅の等級は民間検査会社が有料で評価しています。また基準法以上の耐震性があるかどうかは、自治体などが行っている耐震診断で知ることができます。

 

2)繰り返し起こる地震に対して備えをする

耐震性能を高くすることと合わせてもうひとつ大切なことがあります。

それが繰り返し起こる地震に対する備えをしておくことです。

上の図のように大きな揺れの地震が2回起こったらどうなるのか??

1回目の地震では倒壊はしない構造になっていますが、その地震によって耐震金物やネジ・釘などが抜けてしまい、2回目の地震では倒壊の恐れが高くなってしまうのです。

実は、東日本大震災でも熊本地震でも大きな揺れは2度起こっています。

このように繰り返し大きな揺れが襲ってくる地震に対しては、耐震性を高めるだけでは不十分なのです。

そこで必要になるのが 制震 という考え方です。

私たちの家づくりでは、上の図のように制震テープという制震装置をおすすめしています。

これにより繰り返し襲ってくる強い揺れにも耐えることができます。

詳しくは下のグラフをご参照ください。

このグラフは縦軸が1階の層間変位、つまりどれだけ動いたかを表しています。

そして、横軸が地震の起こる回数を表しています。

如何でしょうか??

 

1回目の地震で耐震住宅は2cm以上動いています。

一方、制震住宅は変位が1cm程度となり、耐震住宅に比べると半分程度の変位でおさまっています。

4回目では耐震住宅が5cm、制震住宅が2cmとその変位の差は回数を重ねる毎に大きくなっています。

これを見れば、制震住宅と耐震のみの住宅との差は明らかですね。

 

3)結論

マイホームを持つということは安住の地にたどり着くということにもなります。

なので、自分も家族も安心して暮らせるということがベースにあるべきです。

 

●大きな地震から守る!『耐震等級3』の確保!

●繰り返しの地震から守る!『制震構造』の採用!

 

この2つが絶対に必要だということが結論になります。

家づくりを始める場合は、プランニングの前に担当者または設計の方にこの考え方を伝えましょう!

それはなぜか!

それはプランニングによっては、耐震等級3の確保や制震構造が実現できないこともあるからです。

 

備えあれば憂い無し。

 

第2部へ続く・・・。

次回は『地震が起こる前にこんな準備があれば良かった』です!

 

 

初めての注文住宅!!祝上棟!!

皆さん、こんにちわ。。

お客様の晴れの日を晴れにするMY NO.1 HOMEの晴れ男、中田です!

昨日は、K様邸の棟上でした。。

本当に家づくりを楽しんでいる様子に心がホッコリしてしまいました。。

さて、棟木に思いを書き込みます!

僕も書くのだ!

お神酒でお清めを!

家族みんなで柱に釘を打ち込みます!

僕もするぞ!

四方の柱をお神酒でお清め!

そして、記念撮影!!

恒例のインスタ枠で記念撮影Part2

職人さんへの心遣いもありがたいです。

夜は焼肉でお祝い!

 

本当にお天気が良くて気持ち良い1日でしたね。。

ご家族の笑顔がそれを物語っています。

家づくりにはたくさんの人の手が入ります。

全てはお客様のこの笑顔を見るためです。。

まだまだMY No.1 HOMEはできたばかりで、大きなことはできませんが

お客様に喜んで頂くことを真剣に追求しています。

名も知れていない我々を信じて、選んで頂いてありがとうございます。

これからもMY No.1 HOMEはお客様の楽しいを応援し続けます!

~FUN&FAN~

モデルハウスVSオーナーズハウス

皆さん、こんにちわ。。こんばんわ。。おはようございます。。

MY NO.1 HOMEの中田です。

今日のお話はモデルハウスVSオーナーズハウス!

VSっていっても対決する訳じゃありませんけどね。。。

誰しも家づくりを始めようとする時、モデルハウスを見学しに行くでしょう。。

しかし、ご存知の通りモデルハウスは着飾ったお家(うち)を見学するので

殆どの場合、広さや使っているもの、間取りなど参考になりにくくなっています。

ですので、最近ではお客様がお住まいする前の見学会や内覧会と言ったイベントに

参加することが多くなっているのではないでしょうか??

まだ見学会などの方が現実的で参考になるかも知れませんね。。。

しかし、モデルハウスや見学会に参加するのはなぜでしょう??

そうです。

実際に生活したらどうなる?ってところをイメージするためですよね。。

でも本当にモデルハウスや見学会などで実際の生活をイメージしきれるのでしょうか?

住まい方は人それぞれ違うものです。

家の中を見ているうちに『??』と思うことが多くなるかもしれないですね。。

では、どうすれば良いのでしょう??

答えは簡単です。

実際にお住まいをされている方のお家(うち)をお住まいされている方に

案内してもらえば良いんです!!

そうすれば、どういう思いで、どういう間取りを創ったかや

建てた会社の良いところ、ダメだったところを家づくりのセンパイとして色々教えてくれます。。

見た目がキレイとかだけじゃなく、本当に中身の部分が見えてきますよね。。

皆さんもネットショッピングをする時にレビューを参考にされるのではないでしょうか??

家づくりも同じです。

大きな買い物だからこそ、お住まいをされている方の声を聞くことが

家づくりを成功させる一番の近道です!

当社では、9/23(日)13:30集合でもう既にお住まいをされているお客様の

お家(うち)を2軒、見学できるツアーを開催します!

是非、この機会に家づくり成功の第1歩を踏み出しませんか??

↓↓↓お申込みはこちらです。↓↓↓

https://my1home.jp/construction.html#form

☆どうせ家を建てるなら自分時間を大切に暮らしたい☆

皆さん、こんにちわ。。。

MY NO.1 HOMEのNo.1海外ドラマおたくの中田です!

ウォーキングデッド シーズン8が早くレンタルされないかと待ちわびている

今日この頃ですが皆さん如何お過ごしでしょうか?。。

さて、今日のテーマは『自分時間』。

言い換えると『趣味の時間』とも言えるでしょうか。。

この『自分時間』皆さんは取れていますか?

男性の方はどちらかというと取れているかも知れませんね。。

しかし、子育てをしている働く女性はどうでしょうか??

仕事に行って、帰ると家事をして、お子さんの世話をして・・・。

なかなか自分時間を取ることが難しいかも知れませんね。。

でも、誰しも自分が楽しめる時間というのは人生を彩るのに必要です。

毎日、少しずつでも取れれば、1日1日が楽しいものになり、考え方や行動が変わってくるはずです。

そして、その積み重ねが人生を楽しいものに変化させてくれるはずです。

だから、僕達は家づくりの中で少しでもその時間を創り出そうと考えています。

キーワードは『時短』や『家事楽』といったものになるかも知れませんね。

掃除や料理、洗濯などの時間が少しでも短くなれば、働くママさんに自分時間が

できるのではないかと考えています。

ですから、キッチンやお風呂などの設備はお手入れや掃除がし易いものを。

間取りや家電製品で家事が楽になるものを提案しています。

これに気付いたのは自分の体験からです。

自分の家は築18年で若い時に購入したので、間取りや設備でこだわってはいなかったのですが

ある時、掃除機と洗濯機をほぼ同時に買い換える必要ができたのです。

その際にお掃除ロボットと乾燥機付きの洗濯機に買い換えました。。

『ホンマにこれでいけるんやろか?』と半信半疑な気持ちでしたが

奥さんの一言で買い替えて良かったと確信に変わりました。。

 

その一言とは、、、

 

 

 

『これで掃除機掛けないかんストレスから解放されたわ』

 

 

 

というものです。。

自分が掃除などを殆どしなかったのでわからなかったのですが掃除機を掛けることなど

家事の中でストレスに感じていることって結構あるんだと思います。

ちなみに彼(お掃除ロボット)は毎日決まった時間に勝手に掃除機を掛けてくれます。。

洗濯機もそうです。

好き嫌いはあるかも知れませんが、乾燥機付き洗濯機だと洗濯物を干す時間が

削減されるんです。。

こうやって家事のストレスから少しずつ解放されて、少しでも自分時間を増やしてもらうこと

ができたら人生がより楽しいものになるのではないでしょうか。。。

『人生を楽しく彩ることができる家づくり

だから僕達も楽しく、一生懸命お手伝いができます。

自分時間を創り出す家づくりにご興味がある方は、是非一度ショールームへ

足を運んでみてください。

↓↓↓ショールームはこちら↓↓↓

〒770-0866 徳島県徳島市末広2丁目末広2丁目1 1-116

では、今日はこの辺で・・・。

 

 

 

☆新規プロジェクト マンションリノベーション☆

皆さん、こんばんわ。。

MY NO.1 HOMEのNo.1海外ドラマおたくの中田です。。

昨日はお休みを頂いていたので、どうしても見たくなった『火の鳥 鳳凰編』を探しに

お馴染みのTSUTAYAへ行ってきました。。

 

 

 

んがっ!?

 

 

 

火の鳥の他のシリーズはあるのに鳳凰編がありません!

なんと!取り扱いしていないようです。。。

しかし、手塚治虫シリーズがどうしても見たかったので

『ブッダ』を借りて見ました。。。

なかなか面白かったですよ。。

目的のものが無くても楽しめるものですねぇ。。

さて、今日は新しいマンションリノベのプロジェクトをそろそろ

始動しようということで打ち合わせ!

リノベーションなので間取りから変更して全く違う新しい価値を付加した物件

仕上がるのが楽しいところです。。

新築住宅同様、楽しい見所を創ることができるのがリノベーションの醍醐味です。

この家の持ち方はまだまだ知られていませんが、この家の持ち方が広がれば良いなぁ。。と

思います。

これからはスクラップ&ビルド(古いものを捨てて新しいものを作る)の時代ではありません。

どうせ新築するなら価値のある住宅を!

そうでないのであれば、あるもの(中古住宅)を再活用(リノベーション)することが

求められる時代なのではないでしょうか・・・。

今一度、これからの家づくりについて考えながらリノベーションのイメージを

膨らませ、妄想を膨らませるのでした。。。

来月末か10月には取り掛かることになるので楽しみです!

現場の進捗などまたここでご報告していきますね。。

では、今日はこの辺で・・・。

 

徳島で建てる新築住宅のはじめの1歩!地鎮祭!

皆さんこんにちわ。。

MY NO.1 HOMEのNo.1海外ドラマおたくの中田です。。

エージェントオブシールド、ラストシップ、それぞれ新作が出ていますねぇ。。

皆さんはもう見られましたか??

僕は一息で見てしまいました。。

久しぶりに一気にイッキ見でした。。

さて、昨日はK様の地鎮祭でした。。。

初めてお会いしたのは今年の3月の見学会でした。。

早いものでもう地鎮祭です。

では、K様の家づくりはじめの1歩をご紹介します。。

 

 

 

 

 

 

 

 

厳かな雰囲気で地鎮祭がスタート!!

Rくんはこれから何が起こるのかと神妙な表情です。。

祝詞奏上!!

四方清祓いの儀!!

そして、鍬入れ!!

お施主様にまず最初にこの土地に鍬を入れてもらいます。

ん?!あれは・・・。

鎮物でしたね。。

祈念したことを家の基礎の中心に埋めこんでおきます。

それでもって鋤で平らにならします。

家づくりへの想いを込めて玉串を納めます。。

まずはご主人!

続いて奥様!

そして、弊社代表!

監督も!

そして記念撮影!!①

記念撮影②!!

最後は自分達でお清め!!

お子さんも終始ご機嫌でした。。

お天気にも恵まれて良い地鎮祭になりましたね。。

これから家が出来ていくのを楽しみに見てくださいね。。

それからK様、ブログやFBへの掲載をOKして頂いてありがとうございます!

良い家づくりになるように頑張っていきます!!

 

では、今日はこの辺で・・・。